隅田川花火大会2016穴場の場所攻略・交通規制・屋形船まとめ

      2016/05/22

Pocket

隅田川花火大会といえば、東京都墨田区毎年7月の最終土曜日に開催される花火大会です。

実はこちらの花火大会、その歴史は古く、江戸時代から始まったとされており、日本最古の花火大会と言われています。

また、会場が第一と第二に分かれているのですが、合計で2万発以上の花火があがる、日本でも有数の発数を誇る花火大会でもあります。

見どころは、様々な趣向を凝らした花火コンクール玉200発と、大迫力のスターマインです!昨年は、人気アニメ「妖怪ウォッチの花火」も上がりましたよ!

それだけに、記録している来場者数は約95万人(2012年)と、まさに東京の夏の夜を彩るビッグイベントです!ちなみに、江戸川区の花火大会と、東京湾大華火祭と並ぶ、東京三大花火の一つでもあります。

今回は、そんな隅田川花火大会2016穴場の場所」(長時間の場所取りはしたくない人向けの穴場スポット、ゆったりみらい人向けの穴場スポットの2つ)や「交通規制」、絶景の「屋形船」情報をまとめました。

目次

隅田川花火大会とは

その歴史は古く、江戸時代となる1773年に、江戸幕府が死者の弔いと疫病などの退散祈願を目的に、両国川開きの日に花火を打ち上げたことが始まりとなっています。当時は、「両国川開き」という名前でした。

実は、隅田川花火大会は会場が、第一と第二に分かれていますが、これが花火の掛け声でも有名な「たまや~」「かぎや~」に大きく絡んできます。はじめは、鍵屋が花火の打ち上げを行っており、その後暖簾分けという形で、「玉屋」が誕生し、互いに腕を競い合ったことから、会場がふた手にわかれているところに繋がるといわれています。

私もこの話を聞いた時、「へ~!!!」っと大きく納得してしまいました!だって意外と知らないですからね、あの言葉の意味は。

その後、安全対策などから打ち上げ花火の大きさが制限され5尺玉が上げられなくなったり、交通事情などで昭和36年に開催がストップしてしまいました。(その時は、両国橋の上流で開催していました。)

ですが、その後多くの人達の熱意や協力を得て、昭和53年に「隅田川花火大会」と名を改め再スタートし、現在に至ります。

やはり、調べてみると歴史が古い分、奥が深い祭りですので、由来はこの辺にして、隅田川花火大会の日程や時間など詳細に触れていきますね。

スポンサーリンク

隅田川花火大会の日程や時間

【日程・開始時間】

2016年7月30日(土)

午後7時5分~8時30分

 

隅田川花火大会打ち上げ場所

打ち上げ場所は下記の通りです。

【第一会場】
桜橋の下流から言間橋の上流

【第二会場】
駒形橋の下流から厩橋の上流

 

打ち上げ場所は毎年同じなので、昨年の打ち上げ場所がわかりやすく記載された会場地図を紹介しておきます。

sumidagawahanabitaikai-map出典:テレビ東京

 

花火大会のプログラム

19:05
第一会場から花火の打ち上げ開始

19:30
第二会場の花火の打ち上げ開始

19:40
第一会場にて花火コンクール開始

20:25
スターマインの連射が始まる

20:30
感動のフィナーレ

 

隅田川の屋形船から花火がおすすめ

隅田川花火大会の花火を場所取りも必要なく、目と鼻の先という特等席で見られるのが、この隅田川の屋形船です。船によっては、屋上デッキを備えている屋形船もありますので、最高のロケーションで花火を楽しむことが出来ます。

ですが、それだけに人気が非常に高く、乗船予約は、だいたい1ヶ月前には予約が埋まってしまいます。

基本的には「貸切の屋形船」と「乗合いの屋形船」があるのですが、色々見たところほとんど満席で、かろうじて「乗合の屋形船」がまだ一部あるようです。(5月19日)

 

屋形船の料金

基本的には、料理と飲み物、乗船料込で、25,000~30,000円の間が相場です。船によっては、小学生は半額の場合もあります。

花火大会の日は屋形船の料金も上がりますが、美味しい料理に舌鼓を打ちながら、迫力の花火を見られるのは最高ですよ!一度は経験しておいても損はないと思います。実際の動画がこちらです。船・花火近っ!(笑)

 

おすすめの屋形船を紹介

まずはじめにお伝えしておきますが、予約は電話が一番早く、確実です。とにかく電話して確認しましょう。

 

船宿 あみ達

屋上スカイデッキを備えた屋形船が特徴で、トイレも男女別で4室完備しています。ベストポジションを確保するため、早めの午後2時30分に越中島の乗船場を出航します。

【貸切船の料金】
一人 35,000円

【乗合船の料金】
大人  36,000円
小学生 18,000円

あみ達のホームページはこちら

屋形船の予約先
03-3655-2780

(午前10時~午後10時 平日・土日祝)

 

晴海屋

こちらも全船スカイデッキで、船内は掘りごたつ仕様なので快適です。料理も定評があり、英語に対応可能な女性の船頭さんもいます。

【貸切船の料金】
お問い合わせください。

【乗合船の料金】
38,880円(一人)

※2人から予約可能

晴海屋のホームページはこちら

屋形船の予約先
03-3644-1344

(午前10時~午後9時)

スポンサーリンク

隅田川花火大会2016の穴場の場所攻略

まず、人気なのは、コンクールの花火があがる、第一会場です。ですから、少しでも空いている方をと思っている方は、第二会場がおすすめです。

ここでは、長時間花火の場所取りをしたくない、遠くてもいいからゆったり見たいという方向けの穴場スポットをご紹介します。

 

長時間場所取りしたくない方向けの花火穴場スポット

水戸街道(国道6号)

第一と第二の両方の花火が楽しめる穴場スポット。また打ち上げ会場付近で座って見てみたいという方にはおすすめの穴場スポットです。(個人的には第二会場の花火が見やすいという感じです。)

こちらは例年、午後6時に交通規制がかかった後、花火の観覧場所として開放されます。

ということは、最悪でも午後5時まえには場所取りで現場に行けば、結構いいポジションを確保できると思います!ただ、場所は道路なので、シートなり何なり下に敷くものを持って行ったほうがいいです。

【最寄り駅】
東武鉄道の「とうきょうスカイツリー駅」「曳舟駅」から徒歩10分

【裏ワザ場所取り】

また裏ワザですが、水戸街道沿いの「コモディイイダ」の会員(100円と安いです。)になると、屋上が先着300人限定に開放されます。トイレもありますし、ここは地元民が知る穴場ですね。

 

蔵前駅周辺(くらまえ)

こちらは第二会場の近くなのですが、春日通りと、江戸通り(国道6号)が同じく午後6時に交通規制がかかるので、遅くからの場所取りでも花火が見られる穴場スポットです。

【最寄り駅】
都営地下鉄「蔵前駅」

 

駒形どぜう前

夕方の交通規制までは、場所取りが出来ないスポットです。逆をいうと、規制後から場所取りが可能になるため、夕方から取りに行けば、良い場所を確保できる可能性もあります。

花火も間近で見られる為、おすすめの穴場スポットです。

【最寄り駅】
都営浅草線の浅草駅から徒歩3分

 

駒形どぜう本店
東京都台東区駒形1丁目7−12

 

ちょっと遠くてもいいからゆったり花火を見たい人向けの花火穴場スポット

東白鬚公園

東武スカイツリーライン「鐘ヶ淵駅」を下車して徒歩7分の穴場スポットです。こちらは比較的打ち上げ場所から近場なのですが、座って見られるのがいいです!(近場だと基本立ち見、あるき見です。)

なんと例年、ゴザを無料で貸し出しています!しかも東京スカイツリーも一緒に見れてしまいますので、おすすめの穴場スポットです。

東京都墨田区堤通2丁目2−1

 

汐入公園

会場から離れているが、障害物もなく、ゆったりと見みられる。迫力にはかけるが、小さい子供が一緒の方などはおすすめかも。

東京都荒川区南千住8−13−1

 

大横川親水公園

こちらも会場から離れていますが、ゆったりと花火を見ることが出来ます。

東京都墨田区東駒形4丁目15−14

 

その他にも、東京スカイツリーの上から隅田川花火大会を見る方法もあります!どうすれば見ることが出来るのかなど、こちらの記事で詳しく説明していますので、気になる方はチェックしてください。障害物はもちろんないですし、上空から見る花火は最高です。

隅田川花火大会をスカイツリーで!抽選や予約・倍率など攻略

 

隅田川花火大会が中止の時は?

小雨くらいなら開催しますが、荒天の場合は中止となり、次の日の7月31日(日)に延期されます。31日でも天気が悪く開催できない場合は中止となります。

確か2013年に中止になったことがありましたねえ。せっかくですから当日は晴れることを祈りたいですね!

 

中止はいつわかるの?

明らかな荒天ならわかりますが、どちらかわからない天候の場合もありますよね。その場合は下記の日時までに隅田川花火大会の可否が決まります。

雨天でどちらかわからない場合

7月30日(土)の午前10時に決定します。

 

荒天の場合

荒天の場合の中止判断は、午前8時に決定します。

 

中止の可否の問い合わせ先

隅田川花火大会実行委員会

03-5246-1111

 

隅田川花火大会の有料席まとめ

先程もお伝えしましたが、隅田川花火大会の花火を近くで見ようと思ったら、基本あるき見、立ち見です。特に花火がよく見える橋の上などは、警備が厳しく、止まって見ることは出来ません。

そうなると、花火を見るのも大変ですし、場所取りに時間を割かなければならないなど色々不便です。また、ゆったり見ようとすると、どうしても打ち上げ場所から遠いスポットになり、ビルで花火が隠れてしまったり、よく見えないことが多いです。

そこでおすすめなのが、有料席です。でも値段が気になりますよね!ということで、隅田川花火大会の有料席「市民協賛席」と値段をご紹介します。

 

墨田区側両国親水テラス (蔵前橋~総武線鉄橋間)

イス席 1口(1人)6,000円

定員 約1850口

 

台東リバーサイドスポーツセンター野球場

ビニールシート席 1口(5人)7,500円

定員 約1550口

 

台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場

ビニールシート席  1口(5名)7,500円

定員約500口

 

台東リバーサイドスポーツセンター野球場

ビニールシート団体席 1口(22名)30,000円

定員 100口

 

ちなみに両国親水テラスの有料席からの花火動画がありますので御覧ください。やはり有料席は障害物もなく、見やすいですね!

 

協賛席の募集期間

【募集期間】
2016年4月20日(水)~2016年5月18日(水)

往復はがきでご応募ください。当日消印まで有効です。

宛先は、墨田区役所内「隅田川花火大会実行委員会市民協賛係」

公式HPに「市民協賛申込方法」の説明がありますので、そちらを確認してみてください!噂によると、当選確率は意外と高いそうなので、チャレンジする価値はありますよ!

※協賛金の返金はないそうなので、ご注意ください。

 

隅田川花火大会の交通規制は

2016年の交通規制はまだ発表されていませんが(2016年5月20日時点)基本的に打ち上げ場所は毎年変わりませんので、交通規制もほぼ変わらずです。昨年は7月16日に発表でしたから、その辺りには隅田川花火大会の公式HPでチェック出来るはずです。

参考までに昨年の一部の交通規制情報や周辺マップをご紹介しておきます。

 

明治通り、日光街道、京葉道路などの会場の周りの道路
午後6時~午後9時30分頃 車両通行止め

 

首都高速6号の向島線
両国JCT(上り)~堀切JCT
午後6時30分~午後8時45分 車両通行止め

 

両国JCT~堤通出口(下り)
午後6時50分~午後8時45分 車両通行止め

 

sumidagawahanabitaikai-map出典:テレビ東京

 

いずれにせよ、京葉道路や明治通り、日光街道などは渋滞しますので、公共交通機関を利用したほうが良さそうですね。

 

隅田川花火大会のおすすめレストラン

隅田川花火大会の花火を見ながら食事できるおすすめのレストランをご紹介します!

 

天空ラウンジTOP of TREE

こちらは東京スカイツリータウンのソラマチ31階にあるレストランで、優雅なフレンチ料理を楽しみながら花火を見ることが出来ます。

もちろん予約が必要です。価格的には、18,000円前後のコース料理が定番です。(一人の料金)

大体一ヶ月前から予約を受け付けていたりしますので、気になる方は要チェックです!

 

天空ラウンジTOP of TREE
東京都墨田区押上1-1-2
03-5809-7377

 

アサヒビールタワー

こちらは第二会場の打ち上げ場所が目の前というベストポジションです。展望ラウンジの「アサヒスカイルーム」からの花火は最高ですよ!それだけに、毎年予約が殺到します。

予約時の注意としては、「花火が見える席」とお願いしておくのがベストですよ。

 

アサヒビールタワー
東京都墨田区吾妻橋1-23-1

 

隅田川花火大会へのアクセス

第一会場

都営地下鉄や東京メトロ、都営地下鉄の「浅草駅」から徒歩15分

東武鉄道の「とうきょうスカイツリー駅」「曳舟駅」徒歩15分

 

第二会場

東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」より徒歩5分

都営地下鉄「蔵前駅」より徒歩5分など

 

打ち上げ場所と最寄り駅のマップです。当日は相当混み合いますので、覚悟しておいたほうがいいですよ!

 

隅田川花火大会まとめ

いかがでしたでしょうか、当日はかなり混み合いますので、しっかりと穴場を確認し、交通規制なども把握しながら良いスポットを確保しましょう。

どうしても、場所取りが大変だという方は、屋形船を予約しておきましょう!もしかしたら席がまだ空いているかも知れません。

スポンサーリンク

Pocket

 - 7月