大曲花火大会2016日程やツアー・チケット桟敷席の情報まとめ

   

Pocket

今年の夏も全国で多数の花火大会が開催されますが、その中でも“競技花火大会”と呼ばれる花火大会があるのをご存知でしょうか。

競技花火大会とは、文字通り全国の花火師達がその技を競い合う大会で、花火師の匠の技が結晶した、芸術性の高い花火を観賞することができます。

その競技花火大会の中でも、“日本三大競技花火大会”と評される大会の一つに、秋田県で開催される“大曲花火大会”があります。

最も優秀な花火師には内閣総理大臣賞も送られるこちらの花火大会は、いわば日々その技を磨く花火職人にとって夢のような大会。

今回はそんな大曲花火大会の魅力やツアー•有料チケット情報についてご紹介してまいります。

大曲花火大会とは

oomagarihanabitaikai-2016出典:全国花火大会専門部屋

秋田県大仙市で開催される大曲花火大会は、国内でもその歴史は古く、1910年(明治43年)の初開催以来、今年で90回目の開催を迎えます。

毎年70万人以上の多くの来場者数、打ち上げ総数1万8000発以上の大規模な花火大会ですが、その魅力は大会の規模だけでは計れません。

全国各地から集結した第一級の花火師達の芸術的技巧が光り、他では観ることができない独創的な花火の数々は必見。

また大会提供花火では、一年もの時間をかけて制作される“ワイドスターマイン”があります。音楽と花火の豪華な共演を実現し、観るものに最高峰の興奮と感動を惹き起こします。

スポンサーリンク

日程や時間

2016年8月27日(土)

17:30〜18:15(昼の部)
18:50〜21:30(夜の部)

雨天決行。強風•大雨の荒天時は順延予定。順延日は協議後確定。

 

場所

秋田県大仙市大曲花火大橋付近の雄物川河畔

 

アクセス

電車で行く場合

JR秋田新幹線「大曲駅」から徒歩約30分

 

車で行く場合

秋田自動車道大曲ICから国道105号を大曲橋方面へ約7km

 

駐車場

大曲花火大会は全国的に有名な花火大会の一つであるだけあって、県の内外問わず毎年多くの観光客が訪れます。

例年70万人以上が訪れる本大会では、車で訪れる人も多く、駐車場の確保が非常に重要となります。

駐車場の争奪戦も、他の花火大会以上に激しく、大会の前日から車の混雑が見られ、早い人では前日入りして、キャンプ対応可能な駐車場を確保して、当日の大会に備えます。

駐車場には無料駐車場と有料駐車場があります。

無料駐車場は、合計で約1万9000台もの駐車が可能ですが、人気も高く、大会当日の午前7時には満車になるほどです。

有料駐車場は、1日3000円程度が相場で、会場からも比較的近いところが多いので、可能な限り早めの駐車場確保がおすすめです。

 

大曲花火のツアー

oomagarihanabitaikai-2016-tua出典:北日本観光旅行

大曲花火大会は全国でも最高水準の花火大会とあって、毎年多くの旅行会社がツアーを組んでいます。

大曲花火大会のツアーも多種多様で、日帰りのバスツアーや宿泊つきのツアーも数多く催行されており、ツアーで行きたいと考えている方のニーズにピッタリのツアーを見つけることができるでしょう。

その中でも、ここ数年で特に人気なのはやはり日帰りバスツアーでしょう。

人気の秘密は、新幹線や飛行機で向かうのに比べて、低コストで行けることです。

飛行機や新幹線に比べて時間はかかりますが、最近では移動時間を快適に過ごすことができるように様々な配慮がなされており、ゆったりとした座席にするなど、移動時間も快適に楽しめるようになっています。

会場に到着してからも、添乗員が花火のよく観られるポイントまで案内してくれたりと、至れり尽くせりなところも嬉しいポイントです。

もちろん、会場までの運転や駐車場の確保も不要です。

大曲花火大会の日帰りバスツアー費用の相場は、出発地から会場までの距離やバスのランクによっても異なりますが、平均2万〜3万円ほどで行けるので、特に移動や場所の確保で煩わされたくない人にはおすすめです。

スポンサーリンク

大曲花火大会の桟敷席

oomagarihanabitaikai-2016-sajikiseki

大曲花火大会では、会場付近の雄物川沿い有料の桟敷席が設けられています。

どうせなら、全国でも最高の花火を最高の場所で観たいとお考えの人は、有料の観覧席での優雅な観覧を考えてみてもいいかもしれません。有料観覧席の種類と料金については以下のようになっています。

桟敷席の料金

A席(定員6名)23,000円
C席(店員5名)15,000円
イス席(定員1名)300円

 

各桟敷席の特徴や注意点

有料観覧席の中で一番人気のA席は、打ち上げ地点から最も距離が近く、2畳ほどのコンパネが敷かれており、ゆっくり花火を観賞することができます。

C席は堤防斜面に設置された縦長のコンパネで、横並びで観賞することができます。

注意したいポイントとしては、有料席は全て抽選制となっており、先着順ではないということ。

人気のA席では抽選倍率も約10倍程度と高くなっているので、当選したらラッキーです。

有料席のエントリー方法については、電話かインターネットでの受付となり、詳しくは公式HPで確認してみてください。

 

大曲を宿泊して楽しむ

大曲花火大会は全国から多くの来場者で賑わうことからも分かる通り、宿泊前提で行く人も多いのではないでしょうか。そんな人のために大曲花火大会に訪れるならチェックしておきたいおすすめ宿を二つ紹介します。

ホテルルートイン大曲駅前

oomagarihanabitaikai-2016-syukuhaku-tutoin出典:ホテルルートイン大曲駅前

大曲花火大会が開催される大曲市で最も新しいホテルとされるこちらは、大曲駅から徒歩約3分、会場からも徒歩約10分程度とアクセス性の高さが嬉しいポイント。

新しい清潔感のあるホテルで泊まりたいならこちらはおすすめです。

ただし、基本的にビジネスホテルとなるのでコスパは良いですが、子供連れの方はゆっくりできない可能性もあるので注意が必要。

あくまでメインを花火として、ホテルはただ寝られればいいということであればシンプルで良い宿泊先だと思います。

問い合わせ:0187-86-3511
住所:秋田県大仙市 大曲通町3番14号

 

夏瀬温泉 都わすれ

oomagarihanabitaikai-2016-syukuhaku-miyakowasure出典:夏瀬温泉 都わすれ

こちらの旅館は、都会の喧噪を忘れさせる自然豊かな場所にある雰囲気のある落ち着いた印象の旅館です。

会場から少し離れていますが、花火はもちろん旅館のクオリティを存分に楽しみたい方にはこちらもおすすめです。

部屋に専用露天風呂がついている部屋もあるので贅沢な気分を味わえます。

問い合わせ:0187-44-2220
住所:秋田県仙北市田沢湖卒田夏瀬84

 

秋田県の大曲花火大会は凄い!

さて、今回は花火好きなら一生に一度は訪れたいといわれる秋田県の大曲花火大会についてご紹介してまいりました。

全国でも最高峰の花火師の技術が夜空に輝くさまは圧巻の一言に尽き、毎年これまでの花火の常識を覆す斬新な花火が打ち上げられます。今年は大曲花火大会にいってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket

 - 8月