登別地獄祭り2016花火の詳細や駐車場•動画まとめ

   

Pocket

北海道の登別市といえば、全国でも名高い温泉市街として有名ですよね。

この登別市では例年「地獄祭り」と呼ばれる、一見仰々しいタイトルのお祭りが開催されていることをご存知でしょうか。

毎年夏には全国各地で様々なお祭りが開催されますが、この登別地獄祭りほど個性豊かなお祭りは少ないと思います。

今回は、そんなユニークな登別地獄祭りについて、お祭りの魅力や花火・駐車場などの情報にとどまらず、登別の温泉情報についてあますことなくご紹介してまいります。

登別地獄祭りとは

noboribetujigokumaturi-2016-top出典:登別観光協会

北海道登別市で毎年二日間にわたって開催される「登別地獄祭り」とは、登別温泉の地獄谷から地獄の釜のふたが開いて、閻魔大王が鬼たちを引き連れて登別温泉に訪れるという伝説を主題としたお祭りです。

地獄祭りと冠しているだけあって、“閻魔大王からくり山車”“鬼みこし”“鬼踊り大群像”など、地獄をモチーフとした催し物が数多く開催され、例年多くの観光客で賑わいます。

二日間のお祭りの最後は、通称“ファイナル花火大会”で豪華に飾られ、その幕を閉じます。年に一度の地獄祭りの日だけに、温泉街の極楽通りを閻魔大王や鬼達が練り歩く様はまさしく必見といえるでしょう。

スポンサーリンク

日時

2016年8月27日(土)〜8月28日(日)

 

場所

〒059−0551
北海道登別市登別温泉町 極楽通り

アクセス

電車で行く場合
→JR北海道室蘭本線「登別駅」から登別温泉行きバスで約15分 登別温泉バスターミナルで下車し徒歩約12分

 

車で行く場合
→道央自動車道 登別ICから地獄谷まで約10分

 

登別地獄谷とは

noboribetujigokumaturi-2016-noboribetujigokudani出典:登別地獄谷

登別の地獄谷とは、温泉街の北東に位置する、直径約450mにも及ぶ巨大な爆裂火口跡のことです。

毎分3000ℓもの温泉を湧出することから、登別温泉の源泉となっています。

地獄谷に一歩足を踏み入れるや否や、濃厚な硫黄の香りに包まれ、奥までいくと湯煙で前が見えないほどとなります。

地獄谷には一周約10分の遊歩道が整備されており、地獄展望台から火山ガスや熱湯の吹き出す様を見ることができ、それはまさに地獄の谷を地上に再現したかのような光景です。

地獄谷から20分ほど足を進めると、大正時代の小爆発で誕生した、その名も「大正地獄」の湯沼では、七色に光る温泉など地球の神秘を体験することができます。

 

登別温泉のランキング3

さて、登別地獄祭りは登別温泉街の中心で開催されるともあって、温泉を楽しみに訪れる方も多いと思います。

地獄谷を源泉とする温泉にゆったり浸かり、北海道の大地で育まれた美味しい食事は楽しみの一つですよね。

こちらでは、一度は訪れてみたい登別温泉のおすすめホテルや旅館を三つご紹介します。

第一滝本館

noboribetujigokumaturi-2016-onsen出典:BIGLOBE

第一滝本館は1858年創業の登別の老舗旅館です。

その魅力はなんといっても温泉で、広さ約1500坪の大浴場からは、隣接する地獄谷を一望することができます。

また、一度で7種類の泉質を堪能できる温泉は世界でも珍しく、登別温泉の魅力を寄せ集めたような旅館で、一度は訪れたいところです。

また、地獄祭りを締めくくる花火大会は、こちらの旅館の裏手が打ち上げ会場となるので、迫力ある花火を観ようと、地獄祭りの二日目にチェックインするのが特に人気です。

住所:北海道登別市登別温泉町55

 

ホテルまほろば

noboribetujigokumaturi-2016-onsen2出典:登別観光協会

ホテルまほろばも登別温泉で一度は訪れたいオススメ宿の一つです。

4種類の泉質を31種類の浴槽で堪能できる、温泉リゾートの名にふさわしいホテルです。

自然の山々に浸かる露天風呂はまさに極上の時間を約束することでしょう。

住所:北海道登別市登別温泉町65

 

心のリゾート海の別邸ふる川

noboribetujigokumaturi-2016-onsen3出典:海の別邸ふる川

登別温泉街は自然豊かな山に囲まれていますが、温泉街を少し離れると海まですぐ行くことができます。

海の別邸ふる川は、そんな海沿いにあるリゾートホテルで、そのオススメはなんといっても露天風呂。

眼前に開ける太平洋と一体であるかのように夢心地となる露天風呂は、シーサイドのここだからこそ堪能できる格別の体験を叶えてくれます。

住所:北海道白老郡白老町虎杖浜289−3

スポンサーリンク

登別地獄祭りの花火

二日間の登別地獄祭りの最後を飾るのが“ファイナル花火大会”です。

北海道の大空に咲く1600発もの花火は、観る者を興奮と感動に誘うのは必至です。

なんと鬼が花火を放つシーンも!地獄祭りに訪れたらぜひ観てみてください。

例年通りであれば、今年は8月28日(日)の21時30分〜22時までの30分間、地獄の谷から満開の花々が咲くでしょう。

 

登別地獄祭りの駐車場

登別地獄祭りに車で来場する場合に気になるのが駐車場だと思います。

二日間の登別地獄祭りの開催期間中は、有料駐車場のほか、臨時の無料駐車場が設けられます。駐車場確保で困らないように、以下に駐車場情報についてご紹介します。

noboribetujigokumaturi-2016-tyusyajo出典:登別観光協会

臨時無料駐車場

→旧温泉小学校、旧国立病院跡地(両駐車場合わせて約500台駐車可能)

 

有料駐車場

→地獄谷駐車場(160台駐車可能 料金500円)

 

登別地獄祭りの動画

登別地獄祭りがどんなお祭りかを知るためには、その動画を観るのが一番手っ取り早いかもしれません。

地獄祭りというと、なにか重々しい印象と受け取られがちですが、活気のあるお祭りであるのがよくわかります。

 

北海道の登別の祭り「登別地獄祭り」へ

さて、ここまで北海道登別地獄祭りについて簡単にご紹介してまいりました。

日本全国数多くのお祭りのなかでも、こちらのお祭りほど個性豊かなものはそう多くないでしょう。これまでのお祭りとはひと味違った楽しさを味わうことができるでしょう。

今年の夏に北海道旅行を計画しているのであれば、地獄祭りに足を運びつつ、温泉にゆっくりつかって夏の疲れをとってみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket

 - 8月