なら燈花会2016駐車場や屋台・浴衣はOK?雨の場合は?

   

Pocket

毎年8月上旬に10日間限定で開催される“なら燈花会”

毎年90万人以上の来客数を誇り、奈良公園一帯で開催されるこの行事は約2万本以上のろうそくの灯に温かく照らされ、幻想的かつ神秘的な体験ができます。

今回は、そんな奈良の夏の風物詩“なら燈花会”の駐車場や屋台の情報、また浴衣についてや、雨の場合などをご紹介いたします。

なら燈花会とは

naratokae-2016-top出典:jp3pzd's photo diary

1999年から開催され、毎年夏の上旬の10日間だけ期間限定で行われています。

スポンサーリンク

なら燈花会の日程や時間

毎年夏の上旬10日間

2016年は8月5日(金)~8月14日(日)

点灯時間 午後19時00分~午後21時45分

 

場所

会場は10ヶ所のエリアに分かれています

浮雲園地(うきぐもえんち)

最寄りバス停:大仏殿春日大社前

会場の中で最も広い敷地面積を誇り、ろうそくの灯も最大数となっており、一面を見渡すとまるで天の川のようにろうそくの花が煌びやかに輝いています。

 

浅茅ヶ原(あさじがはら)

最寄りバス停:春日大社表参道

竹のオブジェの間からろうそくの灯りが温かく照らし出され、竹の青々しい夏のイメージとろうそくの幻想的な灯りが融合し、幻想的な雰囲気を作り出しています

 

浮見堂(うきみどう)

最寄りバス停:春日大社表参道

黄金色に煌々と輝く浮見堂は最も美しいとされ、不動の人気を誇っています。

浮見堂に繋がる橋はろうそくの灯りが足元を照らし、優しく浮見堂まで導いてくれます。

 

猿沢池(さるさわいけ)

  • 近鉄奈良駅から徒歩約5分
  • JR奈良駅から徒歩約15分

采女(うねめ:昔、主として天皇の食事に奉仕した下級の女官。)の悲しい伝説がある猿沢池。水面に揺れるろうそくの灯はどこか儚く美しく、采女を慰めているような印象を与えます。

 

甍~ⅰ・RA・ka~(いらか)

近鉄奈良駅から徒歩20分

お食事処がありますので、お腹がすいている場合はこちらがオススメです。中庭ではろうそくの灯と樹木のライトアップが楽しめます。

 

興福寺(こうふくじ)

※午後18時30分~午後20時30分

近鉄奈良駅から徒歩約5分

東金堂五重塔に続く北参道はろうそくの灯でやさしく照らし出されており、荘厳な雰囲気を醸し出しています。

 

奈良国立博物館前(ならこくりつはくぶつかんまえ)

最寄りバス停:氷室神社・国立博物館前

明治の洋館が月明かりの中ライトアップされており、和式の建物とはまた違った存在感があります。

 

東大寺(とうだいじ)

※13日・14日のみ

最寄りバス停:大仏殿春日大社前

かの聖武天皇が建築したことで有名な、悠久の歴史を持つ東大寺。盧舎那仏の供養には1万5千燈火が灯されたと言われていますが、

 

春日大社(かすがたいしゃ)

※14日のみ

最寄りバス停:春日大社本殿下車(春日大社本殿行のみ)

世界遺産である春日大社では、年に2度だけ行われる中元万燈籠が行われます。万燈籠とろうそくの灯りに照らされた社は上品で、格式の高さを伺わせます。

 

春日野園地(かすがのえんち)

最寄りバス停:大仏殿春日大社前

春日野園地に行くならば、東大寺大仏殿の鴟尾が夕陽に照らされることによって金色に輝く夕暮れ時がオススメです。

 

なら燈花会のアクセス

奈良公園一帯

スポンサーリンク

奈良の旅館でおすすめ

なら燈花会会場に近い2つの宿をご紹介いたします。

古都の宿 むさし野

naratokae-2016-musashino

前に若草山、右に春日大社、左に大仏殿があり、奈良公園の中にあるのでアクセス性が抜群です。

住所:〒630-8212 奈良県奈良市春日野町90

アクセス:

送迎がないため、
近鉄奈良駅からタクシーで約6分。
JR奈良駅からタクシーで約10分。

車で行く場合は、
西名阪自動車道 天理ICから約20分。
天理ICから約20分。

 

四季亭

naratokae-2016-shikitei

名勝奈良公園内の春日大社の鳥居横に位置しており、東大寺や興福寺、春日大社等の世界遺産や名所などへの観光も近く、大変便利です。

住所:〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1163

アクセス:

近鉄 奈良駅からタクシーで約4分。
JR奈良駅からタクシーで約7分。

車で行く場合は、
西名阪自動車道 天理ICから約15分。

 

なら燈花会の駐車場

なら燈花会は奈良公園一帯をその会場としますが、奈良公園の周辺には駐車場がほとんどありません。会場周辺の数少ない駐車場も、イベント当日にはすぐに満車となる可能性が高いです。そこで、会場に車で行く際に駐車場で困らないために、奈良市内の比較的収容台数の多い駐車場をいくつがご紹介します。

奈良登大路自動車駐車場

◆住所:奈良市登大路町80

◆駐車台数:284台

◆料金:1000円 午前6:00〜午後22:00(24時間出庫可能)

 

タイムズ奈良中央

◆住所:奈良市小西町27

◆駐車台数:104台

◆料金:午前9:00〜午後15:00 300円/30分毎 午後15:00〜午後21:00 200円/30分毎 午後21:00〜午前9:00 100円/100円

 

ならファミリー駐車場(ショッピングモール)

◆住所:奈良市西大寺東町2−4

◆駐車台数:2000台

◆料金:2時間無料 以降200円/30分毎

 

なら燈花会の屋台情報

naratokae-2016-yatai出典:おおさからんど Plus

なら燈花会の屋台は、近鉄奈良駅を降りると「ひがしむき商店街」や「三条通り」など普段からにぎわっています。

燈花会の会場の奈良公園で屋台が集中するポイントは新公会堂です。

それ以外にも、燈花会当日には猿沢池周辺や東大寺の参道にも多くの屋台がでて、焼きそばやかき氷など、屋台の定番メニューはもちろん、ご当地グルメなども数多く出でますので、食べ歩きしてみてはいかがでしょうか。

 

なら燈花会は浴衣で

naratokae-2016-yukata出典:himenorumi

夏の風物詩である“なら燈花会”には、浴衣を着ていくことをオススメいたします。奈良の古都の荘厳な雰囲気には浴衣が合いますし、浴衣を着ていくことでより一層真夏の夜にろうそくの灯とともに溶け込めるのではないでしょうか。

 

なら燈花会で雨の場合は?

小雨決行で、よほどの荒天でないかぎりは中止にはなりません。

しかし、雨の度合いによって、ろうそくの火が消えてしまうと中止となります。

※開催するか否かは、テレドームで案内されます。

【テレドーム0180-997-515】

 

着物イベント「なら燈花会」

今年の夏は古都・奈良に旅立ち、悠久の時を超え現代に再現された“なら燈花会”に行ってみてはいかがでしょうか。落ち着いたろうそくの灯があなたを幻想的かつ神秘的な世界へと連れて行ってくれるでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

 - 8月