夏越の祓で東京といえば水無月の「夏越大祓式」情報まとめ

   

Pocket

大祓(おおはらい)は神道の儀式のうちの一つで、日頃の罪や穢れを祓う儀式のことです。その大祓の一つとして夏越大祓(なごしのおおはらえ)というものがあります。

この記事では夏越大祓についての解説と、東京神田明神で行われる夏越大祓式についてご紹介します。

夏越の祓とは

大祓とは自分自身の穢れや、災厄に繋がると考えられている罪などを省みて祓い清めるという神道の儀式です。古くから日本で伝統的にされているもので、年に2回、6月と12月にあります。

6月の祓の方を夏越の祓、12月の祓を年越の祓と言います。

水無月、つまり6月に行われることから、夏越の祓は別名「みなづきのはらえ」と呼ばれることもあります。

水無月の夏越大祓式がある神田明神では、茅の輪や人形を用いて、儀式を執り行います。

スポンサーリンク

茅の輪くぐりで厄祓い

茅の輪とは

茅の輪とは、チガヤやワラなどの植物を用いて輪を作ったものです。

備前風土記という奈良時代の九州の書物の、蘇民将来の話が、茅の輪の由来です。その話とは、蘇民将来が、スサノオノミコトから、茅の輪を身につけると疫病から逃れられると言われ、逃れることができたというものです。

茅の輪には不思議な力があるのでしょうか。私たちも茅の輪で病気とは無縁の生活をしたいですね。

 

茅の輪のくぐり方

夏越大祓式では茅の輪くぐりがあります。

茅の輪くぐりのやり方は、「水無月の夏越の祓する人はちとせの命のぶというなり」と言いながら、左回り、右回り、左回りという風に八の字を描いて三回くぐります。

いかにも古風な儀式という感じがしますね。こういった儀式をすると、心が洗われる気がします。個人的には、自然と、より良く生きようと思ってしまいますね。

 

人形(ひとがた)で夏越の祓いを

人形について

夏越大祓式では人形(ひとがた)と呼ばれる、人の形をした紙を用います。

人形の扱い方は、人形に家族の名前と年齢を書いて、体の左、右、左を撫でた後に息を3回吹きかけるというものです。

人形は直接神社に持っていくか、郵送でも大丈夫です。また、初穂料の金額によって、相応の御守などがもらえます。

 

初穂料とお守り

初穂料とは、神様にお供えする金銭のことを指す言葉です。初穂料と、それに対する授与されるものの一覧は以下の通りです。

・大祓初穂料1000円以上
 「大祓神札」

・大祓初穂料3000円以上
 「大祓神札、茅の輪御守」

・大祓初穂料5000円以上
 「大祓神札、茅の輪御守、神供」

 

スポンサーリンク

夏越大祓式の日程・時間・場所

夏越大祓は複数の神社で行われますが、今回は東京の神田明神のものをご紹介します。

【日程と時間】
夏越大祓式は6月30日(木)の11時と15時の2回行われます。

【場所】
神田明神の境内です。

 

大祓形代流却神事とは?参加する場合は?

ooharaekatashiroryukyakushinji出典:神田明神

神田明神はで、7月1日(金)に「大祓形代流却神事(おおはらえかたしろりゅうきゃくしんじ)」がとり行われます。

これは夏越大祓式でお祓いをした人形を海に流して、自分自身の罪や穢れを落とし流すというものです。

 

【参加する場合は】

値段は13000円で、6月25日(土)までに予約する必要がありますのでご注意ください。

【連絡先】神田神社社務所
03-3254-0753

午後5時に出船、場所はお台場沖です。
参加者は浅草橋際、柳橋「小松屋」に集合してください。

柳橋「小松屋」
東京都台東区柳橋1丁目2−1

桜吹雪のように紙が舞うその様子は圧巻ですよ。

お金はかかりますが、自身の悪いものを落としてこれから何事もなくすごすには、必要なことなのかもしれませんね。気分も変わってきますからね。

 

神田明神といえば縁結びのお守り

今回の話の流れだと余談になりますが、神田明神といえば、「縁結び」にご利益がある神社です。七福神の大黒様と同一と言われる、「大国主命」様が祀られており、縁結びの神様として崇められています。

縁結びのお守り(ストラップタイプ500円)や、「えんむすび」と書かれたお守りが販売されており、縁結びだけではなく、人と人との繋がりや絆を強くするご利益もあるそうですよ!

神田明神を訪れた際は、ぜひそちらもゲットしておきましょう。

 

神田明神のアクセス

最後に神田明神へのアクセスをご紹介しますので参考にしてくださいね。

神田明神
住所:東京都千代田区外神田2-16-2

電車の場合

中央線・総武線「御茶ノ水駅」
聖橋口から徒歩5分

京浜東北線・山手線「秋葉原駅」
電気街口から徒歩7分

東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」
聖橋口から徒歩5分

千代田線「新御茶ノ水駅」
聖橋口から徒歩5分

銀座線「末広町駅」から徒歩5分

日比谷線「秋葉原駅」から徒歩7分

 

バスの場合

駒込駅南口~御茶ノ水線(茶51)
バス停「神田明神」から徒歩1分

 

神田明神の駐車場

参拝者用駐車場

神社正面の鳥居をくぐり、随神門右側の脇門から入り、神社北側に参拝者用の専用駐車場があります。

 

その他の有料駐車場

秋葉原UDXパーキング

住所:東京都千代田区外神田4-14-1

営業時間:24時間営業

料金:10分100円
最大平日1日2000円

 

秋葉原ダイビル駐車場

住所:東京都千代田区外神田1-18-13

営業時間:7時~23時

料金:10分100円
最大1日2000円

 

厄払いを東京でするなら「神田明神」がおすすめ!

長々と説明いたしましたが、おさらいです。夏越の祓を東京の神田明神でする場合

6月30日
午前11時~・午後3時~

厄を祓いに、また、「縁結び」「商売繁盛」「勝運」など、様々なご利益がある神田明神を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket

 - 6月