くらやみ祭り2017は男女が?!府中の屋台や歴史は?まとめ

   

Pocket

いよいよ新年度もはじまり、ゴールデンウィークに向けて全国各地で様々な催しが開催される季節となりました。今年のゴールデンウィークの予定は決まっていますか?

今回は、これからのシーズンにぜひ足を運んでいただきたいのは、知る人ぞ知る「くらやみ祭り」です。また、それと併せて風情ある観光スポットやお祭りもご紹介するので、これを参考に今年はいつもよりも更に充実したゴールデンウィークにしたいですね。

くらやみまつり2017の詳細

歴史や由来

くらやみ祭りは、東京都府中市の大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)で、なんと1000年以上の歴史があるお祭りです。1000年も前というと、平安時代からゆうに続いているということになりますね。

この神社がある府中周辺を守っている「大國魂大神(おおくにのたまのおおかみ)」という神様を祀るお祭りが、このくらやみ祭りで、東京都指定の無形民俗文化財にも指定されています。

神事の一部が暗がりの中で開催されるということもあって、江戸時代においては男女の出会いの場としても使われていた奇祭でもありましたが戦後はそれが禁止され、現在はみこしや屋台中心の祭りとなっています。

メインである5月5日の18時からの神輿の渡御の時に、「神様の姿を人間が直接見ることはタブーである」とされていたため、街中の明かりを消してそれらをとり行ったことから命名された名前で、現在でも提灯の明かりが灯された神輿は美しく、地元の方のみならず観光客も一体となって祭りに参加できます。

スポンサーリンク

日程や場所

日程

毎年同日で、4/30~5/6の期間に開催され、祭事が一番多いのが5/5となっています。ゴールデンウィークの期間ということもあって、来場者はなんと70万人になるんだそうですよ。

 

場所

くらやみ祭りは、東京都府中市の中心に位置する大國魂神社と、その周辺で行われます。

 

屋台など見どころ

画像URL:https://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/ibento/kurashi/kurayamimaturi.html

画像URL:https://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/ibento/kurashi/kurayamimaturi.html

なんといっても最大の見どころは、5月5日18:00からのみこし渡御(とぎょ)ではないでしょうか。昼間のそれとは違い、暗がりの中で練り歩くみこしの姿は、とても荘厳かつ幻想的な雰囲気です。また、みこしを先導する6張の御先祓(おさきばらい)太鼓と呼ばれる大太鼓は、大きなものだと直径が2m50cmもあり、1本の木から胴をとった継ぎ目のないくり抜き太鼓としては日本一とも言われています。この太鼓も、みこしとともにこのお祭りの見どころです。打つバチも野球のバットのような長さと太さで近くでその音を聞くと振動が伝わるほど大きく、ものすごい迫力を感じます。

また、お祭りといえば欠かせないのが空腹を満たしてくれる「屋台」ですよね。このくらやみ祭りでは、なんと500店もの屋台が出店し、お祭りをさらに盛り上げます。屋台の出る期間は5/3~5/6の22時くらいまでですが、6日はかなり数が減少します。

 

その他の見どころ

その他も見どころがいっぱいです。下記にまとめましたので、こちらもご参考下さい。

  • 府中囃子(ふちゅうばやし)の競演  5/3 18:00~20:00 けやき並木通り
  • 競馬式(こまくらべ)  5/3 20:00 旧甲州街道
  • 子どもみこしと万灯大会 5/4 12:00頃 大國魂神社拝殿前・神楽殿前、13:30頃 けやき並木通り
  • 太鼓の響宴  5/4 17:00~18:00 大國魂神社大鳥居前
  • 山車の巡行  5/4 18:00~21:00 大國魂神社周辺の旧甲州街道およびけやき並木通り
  • みこし還御  5/6 4:00~8:00 御旅所から各町内をまわり、神社参道を通り本殿(午前7時ごろに大國魂神社大鳥居前、7時半ごろに拝殿前)

 

アクセス

現地まで車で向かうことも可能ですが、70万人の人出と細かく敷かれた交通規制で、大渋滞が予想されるので、電車を利用することをおすすめします

東京都府中市大國魂神社までのアクセス方法

  • 京王線 府中駅より徒歩5分
  • JR南武線、武蔵野線 府中本町駅より徒歩5分
  • 中央高速 国立府中ICより10分
  • 調布ICより15分

スポンサーリンク

府中といえば蔵屋

また、蔵造りの街といえば、関東だと埼玉県の川越や千葉県の佐倉を連想される方も多いかもしれませんが、このくらやみ祭りが開催される府中近郊にもそのたたずまいを見ることができるので、お祭りに来たついでに堪能するのもいいですね。

ここでは代表的な蔵屋を二箇所ご紹介します。

旧島田家住宅

画像URL:http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/index.html

島田家は、旧甲州街道沿いの商家でしたが、3年かけて店蔵(みせぐら)部分を移築・復元しました。もともと薬屋だったため「島田薬舗(やくほ)」の看板が掲げられています。

旧甲州街道府中宿の地酒屋さん「中久本店」は、1階は野口酒造醸造の地酒販売所、2階は趣深い蔵をそのまま生かしたカフェ「蔵」になっています。

酒屋さんが経営しているということもあって、カフェでの人気メニューは、とろりと甘く酒粕の香り漂う「酒粕ラテ」。散策の疲れを癒してくれそうですね。

 

高山祭りもおすすめ

画像URL:http://kankou.city.takayama.lg.jp/index.html

画像URL:http://kankou.city.takayama.lg.jp/index.html

また、岐阜県高山市で春と秋の2回開催される「高山祭り」もおすすめです。

毎年4月14日・15日に開催される日枝神社の例祭である春の高山祭(山王祭)と、同じく毎年10月9日・10日に開催される櫻山八幡宮の例祭である秋の高山祭(八幡祭)を総じて「高山祭り」といいます。

多くの華やかな屋台が登場するほか、獅子舞や雅楽、闘鶏やみこし、からくり人形などの伝統芸能も楽しめ、秋には京都の祇園祭り、埼玉の秩父夜祭とともに、日本三大美祭のひとつにもなっているほど美しいお祭りです。

 

まとめ

いかがでしたか?もともと祭りは歴史あるものが多いですが、1000年以上も前から続く祭りは、ことさらロマンを感じますよね。それだけ数々の歴史があり、地域の人々に愛されてきた「くらやみ祭り」、今年はもしかしたら、このお祭りで素敵な出会いが、なんてこともあるかも知れませんね。

スポンサーリンク

Pocket

 - 4月