かなまら祭り2017の飴は女もびっくり!バットマンやいつ開催

      2017/03/31

Pocket

全国各地で毎年様々なお祭りが開催されていますが、その中にはその地方独特のユニークな奇祭とも言うべきお祭りが数多くあります。日本各地で開かれる様々な奇祭の中でも、男性のシンボルである男根を祀ったかなまら祭り」はひときわ異彩を放っています。

男根をリアルに型だった男根神輿が街を練り歩くその様は、まさに奇祭の名にふさわしく、毎年国内外からの多くの観光客でにぎわっています。今回はこのかなまら祭りについて見どころ情報を中心に詳しくご紹介してまいます。

かなまら祭りの詳細(由来や内容、会場)

画像URL:http://tokyotanpo.info/kanagawaken/20090407-2/09kanamara114.jpg

かなまら祭りは、神奈川県川崎市にある金山神社で、毎年4月の第1日曜日に開催されます。かなまら祭りのルーツは江戸時代にあり、当時の宿場町であった川崎の飯盛女たちによって、性病除けや商売繁盛を願う「地べた祭り」までさかのぼるとされています。江戸時代以降浮き沈みを経ながら、子孫繁栄や商売繁盛を願うお祭りとして現代まで続いています。

かなまら祭りの最大の特徴は、お祭りのシンボルとして男根を掲げているところ。男根を忠実にかたどって、ピンクに着色された「エリザベス神輿」がかけ声とともに街を練り歩く様は迫力満点。その他大小様々な男根をモチーフとした神輿やモニュメント、グッズなどが立ち並び、“男根祭り”にふさわしい様相を呈しています。

会場を訪れてみると、なにより驚かされるのはその盛況ぶり。地元の人はもちろん、最近はエイズ予防の願掛けとして、海外でも注目され、多くの外国人観光客が多く訪れているため、お祭りらしい活気に満ちています。

スポンサーリンク

手ぬぐいが人気(珍満柄)

画像URL:http://tokyotanpo.info/kanagawaken/20090407/09kanamara046.jpg

かなまら祭りでは、男根をかたどったキャンドルやお菓子など、神輿以外にも多くの関連商品がところ狭しと売られていますが、そのなかでも特に人気の商品が“珍満柄“のてぬぐいです。

初めて聞く人が多いであろうこの“珍満柄”とは、文字通り男性器(珍)と女性器(満)をイメージしたコミカルなデザインで、最近の手ぬぐいブームとあいまって人気のお土産の一つとなっています。かなまら祭りに行った戦利品としておすすめです。

 

かなまら祭りでは女性のふんどしも!?

お神輿の巡行というと、男達がふんどし姿で威勢のよいかけ声とともに街を練り歩く様をイメージしますが、このかなまら祭りではふんどし姿の女性がかつぐ神輿があるとの噂もあります。

ですが、こちらの噂はウソのようです。実際には女性がふんどし姿で神輿を担ぐことはないそうです。画像なども祭りとは関係無いものが、ネット上に流れているようです。あくまで由緒ある祭りですので、ご注意ください。

スポンサーリンク

かなまら祭り2017の日程

毎年4月の第1日曜日に開催されるかなまら祭りの今年度の日程は以下の通りです。かなまら祭りはその盛況ぶりに対して交通規制がされておらず、お祭り当日には付近の道路が極めて混雑します。したがって、基本的には電車で行った方が無難です。

日程:2017年4月2日(日)

場所:金山神社(若宮八幡宮)神奈川県川崎市川崎区2−13−16

アクセス:京浜急行電鉄大師線「川崎大師駅」から徒歩約2分

 

かなまら祭りでは飴が人気


画像URL:http://tokyotanpo.info/kanagawaken/20090407/09kanamara006.jpg

お祭りの楽しみの一つといえば露店に立ち並ぶ屋台の数々。たこ焼きや焼きそばなどの普通の屋台もありますが、やはりなんといってもかなまら祭りならではの屋台が注目です。

男根をイメージしたチョコバナナやフランクフルトなど、かなまら祭り独特の屋台が多く建ち並ぶ中、もっとも有名なのは、男根をかたどった飴細工の屋台です。

男根型の飴をほおばりながら会場を歩いている人が多いですが、その様子はどこか異様な光景とも言え、他のお祭りでは体験できないイベントの一つ。

かなまら祭りに行ったらこの男根飴は要チェックです。

 

ふんどし祭りで有名なかなまら祭り


画像URL:http://tokyotanpo.info/kanagawaken/20090407-2/09kanamara111.jpg

さて、お祭りのシンボルとして男根を掲げているということもあり、日本各地で開かれる様々な奇祭の中でも異彩を放つ「かなまら祭り」について簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一見ふざけたようなお祭りに見えるかもしれませんが、中身は真面目な神事であり、子孫繁栄や商売繁盛、安産、縁結びなどのご利益があると言われています。今年はそんなかなまら祭りに足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Pocket

 - 4月