犬山祭り2017春の山車•交通規制•日程•雨の場合まとめ

      2017/04/03

Pocket

愛知県の犬山市というところで毎年春になると開催される有名なお祭りをご存知でしょうか。国の重要無形民俗文化財に指定され、昨年末にユネスコ無形文化遺産にも登録されたこちらのお祭りは「犬山祭り」と呼ばれ、豪華に装飾された車山が春の城下町を練り歩く様は見応え十分。きらびやかな車山と車山上で開かれるからくり人形の伝統劇を一目見ようと、毎年多くの観光客で賑わっています。

今回は愛知県のお祭りを代表する犬山祭りについて、周辺の宿泊情報や観光情報も交えながら詳しくご紹介してまいります。

■おすすめ記事
犬山の城下町で食べ歩き!ランチや団子のマップやアクセスまとめ

犬山祭り2017の詳細

画像URL:http://wanmaru.blogspot.jp/2012_04_01_archive.html

犬山祭りとは

犬山祭りは江戸時代から続く愛知県の伝統的なお祭り。その全てにからくり人形を擁した合計13基もの車山が針綱神社を目指して巡行する光景が最大の見どころです。犬山祭りの主役である車山はどれも三層構造になった手の込んだ豪華な造りとなっており、それぞれの車山に配されたからくり人形が太鼓と笛に合わせて演じる演目はまさに見物となっています。

車山の昼間の巡行では舞い散る桜を背景に優美な表情を見せたかと思えば、夜には無数の提灯に衣装替えして豪華絢爛に街を流れていきます。なお、先にお伝えした通り、犬山祭りは国の無形民俗文化財に指定されていますが、この13基の車山自体も愛知県で最初の有形民俗文化財となっています。ちなみに犬山祭りでは、「車山」は「やま」と呼ばれており、他のお祭りで「山車」や「屋台」と呼ばれているものと同じ意味で使われています。

スポンサーリンク

日程

2017年4月1日(土)〜4月2日(日)の二日間の日程です。

なお、雨天時には、小雨の場合は車山に透明のビニールシートをかけて原則決行されますが、運行数や運行時間など規模が縮小される可能性があります。また荒天時には、祭りは中止となって延期の予定はないので注意が必要です。

 

場所

愛知県犬山市犬山北古券12「犬山神社」ほか「犬山城下町」周辺

交通規制

犬山祭り当日は、下記にある通り、周辺の道路が交通規制となるので注意が必要です。会場周辺の駐車場も朝早くから満車となる可能性が高いので、公共交通機関を利用して会場の最寄り駅(「犬山駅」または「犬山遊園駅」)から徒歩で行くのがベターです。

会場の交通規制図についてはこちらをご参照ください。

 

祭りの提灯がみどころ

画像URL:http://blog.goo.ne.jp/tora003/e/a618e7aff20916bfaba5946395a96f5f

犬山祭りの最大の見どころである車山は比較的珍しい三層の構造となっており、重量は5トンを超える大迫力です。車山の巡行は満開の桜を背景とした昼の部も人気ですが、365個の提灯を一斉に灯して巡行する夜の部も人気が高いです。全身提灯でまとった車山が犬山の町を巡行するその様は、まるで提灯の塔さながらで、辺りは幻想的な雰囲気に包まれます。犬山祭りに行ったら車山を覆い尽くす提灯は見逃せません

 

犬山セントラルホテルの宿泊がおすすめ

毎年数十万人以上の来場者数を誇る犬山祭り。昨年末にユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって、今年は来場者数が増加するとも見込まれています。愛知県内はもちろん県外からも多くの観光客が訪れるので、泊まりで行こうと考えている方は事前にホテルの確保が必須です。

そんな時におすすめなホテルはやはり「犬山セントラルホテル」ではないでしょうか。犬山市で最大級のホテルでいて、お祭り会場の最寄り駅である犬山駅からも高アクセスなので、毎年春になると予約がとりづらくなる人気のホテルです。ホテル自体はベーシックなビジネスホテルでシンプルなお部屋になっています。泊まりで考えているなら、お祭り当日は予約がとりづらくなるので早めの宿確保が大切です。

スポンサーリンク

犬山は花火大会も有名

画像URL:https://inuyama.gr.jp/events/18668

犬山市の観光イベントといえば今回ご紹介している犬山祭りが最も有名ですが、犬山市はまた花火大会でも有名な場所です。毎年夏になると開催される犬山花火大会は、ライトアップされた国宝犬山城を背景に、壮大な花火を見ることができるとして毎年多くの人で賑わいます。

犬山市を流れる木曽川で行われるこちらの花火大会では、特大スターマインなどをはじめ約3000発もの花火が木曽川の川面にきらめきます。川辺の利点を活かして船上から行われる打ち上げも見物で、一度は行ってみたい花火大会の一つとして数え上げられています。

 

犬山城(国宝)を一目見よう

画像URL:http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/spot/s10631.html

天保6年(1537年)、豊臣秀吉が生まれたこの年に、織田信長の叔父である織田信康によって建造されたのが国宝犬山城です。木曽川のほとりの小高い山に建造されたこの犬山城は、その天守部分が現存する最古の木造天守として知られており、犬山祭りや花火大会と並んで、犬山が誇る観光スポットと言われています。

天守閣の最上階から眼下に木曽川を望んだ風景はまさに殿様気分というにふさわしく、犬山に訪れたらぜひ足を運んでおきたい定番のスポットになっています。

 

成田山の駐車場は?

毎年節分の時期になるとお相撲さんが節分の豆まきをすることでおなじみの千葉県の成田山新勝寺。この成田山新勝寺の別院が犬山成田山です。そのご利益と頂上からの眺めの良さから大晦日や初詣、節分の時期は毎年多くの人で賑わっています。

犬山成田山は主に車のお祓いなどが有名で、交通事故防止の祈願で訪れる方も多いことから比較的大きい駐車場が設けられています。約600台収容可能な駐車場は無料で利用することができ、車訪れる方にとっては嬉しい条件が整っています。今回ご紹介している犬山祭りに車で訪れる人は特に、犬山成田山で御祈願してみても損はないでしょう。

スポンサーリンク

Pocket

 - 4月