祇園祭の日程と山鉾や宵山など見どころまとめ

      2016/05/18

Pocket

祇園祭は、祇園社と呼ばれる「八坂神社」(京都府京都市東山区)の祭礼行事で、日本三大祭の一つになっています。(残り2つは、東京都の「神田祭」、大阪府の「天神祭」です。)

疫病退散を祈願するため、神輿渡御や、山鉾などを引き、京都のまちなかを練り歩いた「祇園御霊会」が始まりと言われています。2009年には、「京都祇園祭の山鉾巡行」がユネスコの世界文化遺産に登録されました。

今回は、歴史も規模も世界トップクラスで日本を代表するこの「祇園祭」の日程や、見どころとなる、「山鉾」や「宵山」などをご紹介します。

祇園祭の日程

祇園祭の日程は長く、毎年7月1日~7月31日の1ヶ月間にわたり開催されます。

ただし、山鉾の巡行などの催しは、年によって日程が微妙に変わる場合もありますので、見たいイベントがある方は、ご確認をお願い致します。

スポンサーリンク

見どころとなる「山鉾巡行」の日程は?

山鉾巡行はもともと、前祭(さきまつり)、後祭(あとまつり)に分けて2日間行われていましたが、昭和41年に一本化され、1日だけになっていました。しかし、古来より受け継がれてきた習わしを正しく後世に伝えようということで、2014年に50年ぶりに、山鉾巡行の前祭、後祭が復活しました。

  • 前祭の山鉾巡行 7月17日(23基の山鉾が巡行)
  • 後祭の山鉾巡行 7月24日(10基の山鉾が巡行)

雨天でも決行します。天気が悪そうなときは、傘やカッパなどを用意しておいたほうがいいです。

 

祇園祭の山鉾巡行コースは?

前祭の山鉾巡行コース(7月17日)

  1. 午前9時に「四条烏丸」出発
  2. 午前9時45分に「四条河原町」通過
  3. 午前10時30分に「河原町御池」通過
  4. 午前11時25分に「新町御池」

gionmaturi-yamahokomap1出典:Kyoto Broadcasting System

 

後祭の山鉾巡行コース(7月24日)

  • 午前9時30分に「烏丸御池」出発
  • 午前10時05分に「河原町御池」通過
  • 午前10時40分に「四条河原町」通過
  • 午前11時22分に「四条烏丸」

gionmaturi-yamahokomap2 出典:Kyoto Broadcasting System

スポンサーリンク

ところで祇園祭の「山鉾」って何?

「山鉾」どう読むの?

「山」は「やま」、そして「鉾」は「ほこ」ということで、「やまほこ」というのが一般的ですが、日本語の難しいところで、状況よって「やまぼこ」とも呼ばれたりします。

果たしてどちらが正しいのでしょうか?

これについては、祇園祭を運営する八坂神社が「やまほこ」という呼び名で統一しています。ですが、実際に山鉾を管理している保存会などに話を伺ってみると、どちらの呼び方もあり、どちらで読んでも問題なしとしています。

ということで、山鉾のことは「やまほこ」または「やまぼこ」どちらかお好きな呼び方でお願い致します。

 

山鉾の特徴

山鉾巡行で練り歩く「山鉾」には多種多様なものがありまさに「動く歴史的美術品」です。特徴をあげると切りがないのですが、例えば一番大きなもので「月鉾」という山鉾があります。

tukihoko

  • 重さ 約12トン
  • 高さ 25メートル(地上から最上部の鉾頭まで)
  • 引く人数 40~50人

なんと、組み立てに始まり、巡行、解体まで、延べ約180人もの人たちが作業に当たります。凄いですよね~!このサイズとまではいきませんが、それらがお付の人たちとともに街中を巡行するわけですから、圧巻の一言です。

 

山鉾の由来や意味

冒頭でも少々触れましたが、西暦869年(平安時代)に疫病が日本中に流行し、疫病退散を祈願したのがこの祭りの起源となっていますが、その後、西暦999年に、神輿渡御などの行列に、手で持った鉾と台車が加わったことが、今日の「祇園祭」の山鉾巡行スタイルの原型となっています。

その後、山鉾を管理する各町内の人たちが、そのデザインや独創性などを次第に競い合いました。しかし、古い絵図などを見ると、その勢いが加熱しすぎて、刀や槍をもった人が山鉾の警護している様子が描かれていたりしたほか、行列の順番を競って争いごとが絶えなかったそうです。(その後、各山鉾のパイプ役となる組織、今の公益財団法人祇園祭山鉾連合会が設立されました。)

現在は、33基の山鉾があり、各町単位の保存会がそれぞれ管理しています。

 

祇園祭の「宵山」とは?

宵山」というのは、さきほどご紹介した京都の街の厄を払う「山鉾巡行」の前夜3日間に渡り行われる催し(前夜祭)で、この宵山の日は、山鉾に付けられた特徴的な提灯が街中を明るく照らします。

また、祇園囃子や屋台などもでて、はっきり言って盛り上がりはめちゃくちゃ凄いです。さすが日本三大祭の一つだけあります。動画を見ていただければ、その凄さがわかると思います、、、

 

祇園祭「宵山」の日程は?

先程もお伝えしましたが、2014年から山鉾巡行が「前祭(さきまつり)」「後祭(あとまつり)」にわかれて行われる様になった関係で、宵山も前祭、後祭の前夜にそれぞれで行われます。

  • 前祭の宵山
    7月14日(火曜)~16日(木)夕方から
  • 後祭の宵山
    7月21日(火曜)~23日(木)夕方から

ちなみに、山鉾巡行の前夜となる7月16日と23日が「宵山」、そのさらに前日が「宵々山」さらに前日が「宵々々山」といいます。

 

祇園祭「宵山」の混雑状況

宵山の混雑状況についてですが、基本的には前祭の宵山(7月16日)が一番混み合います。尋常ではないです。また、7月15日(水曜)、16日(木曜)は、午後6時~午後11時の間、烏丸通が歩行者天国になり、屋台が出るためやはり混み合います。

ですから、「宵々山」や「宵々々山」などを狙っていくのも一つの手です。また、「山鉾」は昼にも見ることが出来ますので、写真を撮りたいという方は、昼のほうがおすすめです。

後祭の宵山については、歩行者天国や屋台は出ませんので、その時も狙い目となります。

ここまで狙い目をお話しましたが、一度も見たことが無い方は、やはり「宵山」の熱気をぜひ感じていただきたいです!また、粽(ちまき)という厄除けのお守りのようなものを買うと、山鉾に登れたりしますので、そちらもお見逃しなく。粽は、各山鉾周辺で売られており、それぞれご利益や見た目の特徴が異なりますので、集めても面白いです。

 

■粽(ちまき)に関する記事

祇園祭2016の宵山で「ちまき」を買うと山鉾に乗れる!

祇園祭の有料観覧席ってお得なの?

日本三大祭には、それぞれ有料観覧席(全席指定)が設けられており、この「祇園祭」にも前祭と後祭それぞれあります。例えば、前祭は山鉾巡行の先頭通過から最終通過まで1時間30分観覧を楽しめます。後祭は、花笠の巡行も合わせて1時間観覧を楽しめます。

実際、遠くから「山鉾」自体は見られますが、そこにほどこされた美しい飾りや、その前を歩く棒振り囃子など細かい部分は、やはり人が多く見えません。いい場所を取ろうとなると、それこそ大変な思いをしなければならないので、この有料観覧席はおすすめです。

また、嬉しいことに雨が降った場合、有料観覧席の方へは、使い捨てのカッパが配られます。

 

有料観覧席はいくらで購入できる?

前祭、後祭、ともに1席3,180円です。

 

2016年の有料観覧席の購入はいつから出来る?

祇園祭の有料観覧席の販売開始は、前祭と後祭で違いますのでご注意ください。

  • 前祭(7月17日)の有料観覧席券
    2016年6月7日(火曜)~販売
  • 後祭り(7月24日)の有料観覧席券
    2016年6月14日(火曜)~販売

 

祇園祭の有料観覧席券の購入場所は?

インターネットで購入する場合

  • 旅の発見ティー・ゲート
    (会員登録と、配送料が必要になります。)
  • Walker plus チケット
    (発券手数料がかかります。)

 

コンビニで購入する場合

  • ミニストップ
    (購入する場合はこちらのコードを参照ください。祇園祭前祭 Lコード:50084・ 祇園祭後祭 Lコード:50085 )
  • ローソン
  • ファミリーマート店頭
    (発券手数料がかかります。)
  • セブン-イレブン
  • サークルKサンクス
  • ぴあ店頭
    (祇園祭前祭 Pコード:631-671 ・ 祇園祭後祭 Pコード:631-672 )
    (発券手数料がかかります。)

 

その他の購入先

  • JTBの店頭
  • 近畿日本ツーリスト店頭(一部店舗をのぞく)
  • 日本旅行店頭
  • 京都総合観光案内所
  • 京都市観光協会

 

有料観覧席券での注意事項は?

基本的には、先頭が通過するよりも30分前には席についていてください。それと、天気がいい日は、日光を遮るものがないので、日傘や飲み物は必ず用意しておいたほうがいいです。結構な熱気です。

また、大変な人気行事なので、販売開始と同時にすぐ購入することをお勧めします。

 

まとめ

これで、祇園祭の日程や、見どころになる壮観な「山鉾」や、情緒あふれる「宵山」のことがわかったとおもいますので、ぜひ一度遊びに行ってみることをお勧めします。

スポンサーリンク

Pocket

 - 7月