熱海こがし祭り2016交通規制や結果、神輿や屋台情報まとめ

   

Pocket

熱海こがし祭りといえば、静岡県熱海市來宮神社(きのみやじんじゃ)の例大祭の一環として、国道135号線を交通規制して開催されるお祭りで、7月15日(金)・16日(土)に行われます。(余談ですが、來宮神社は「縁結び」「商売繁盛」「酒断ち」のパワースポットとして非常に有名です。)

特に見どころなのが、各町がこぞって競い合う山車コンクールです。祭りらしい装飾と、電飾が熱海の夜を照らし、国道に集合する様は圧巻です!

そんな熱海こがし祭の2016年の交通規制や結果予想、神輿や屋台情報などをまとめます。

熱海こがし祭りとは

atamikogashimaturi出典:ふじのくに文化資源データベース

熱海こがし祭りの由来は、「豆州志稿」という伊豆で有名な書物の中に記されています。

ちょうど今から1,300年も前の話になります。熱海湾で漁をしていた漁師が、「五十猛命(イタケルノミコト)」と出会い、漁師らがその五十猛命を祀ったのが、熱海のこの地だったそうです。

その時に、「麦こがし」と呼ばれる、麦粉のお菓子や百合根などをお供えしたところ、非常に嬉しそうにしていたそうです。それらの言い伝えが、今日の熱海こがし祭りにつながっています。

スポンサーリンク

熱海こがし祭り2016の日程

2016年7月15日(金)、16日(土)

7月15日 午後6時30分~午後9時30分
7月16日 午後6時30分~午後9時

 

熱海こがし祭りの場所

国道135号を規制して開催

住所:静岡県熱海市東海岸町

※例大祭は來宮神社です。

 

熱海こがし祭りのアクセス

JR熱海駅から徒歩で約20分

 

駐車場

熱海市営東駐車場

収容台数 250台

料金 100円/30分

住所:静岡県熱海市東海岸町

 

熱海こがし祭りの見どころ

なんといっても、祭りの一環として毎年行われている「こがし祭り山車コンクール」です。

各町内の、装飾やアイディアがつまった山車や、伝統の山車など、30基以上が東海岸町にある審査会場に並びます。その姿は何度も言いますが迫力満点です。特に暗くなると、照明に照らされた様々な山車に見とれてしまいます!

 

熱海こがし祭りの交通規制

祭りの期間中は国道135号(海浜公園周辺~お宮の松あたりまで)が交通規制されます。

15日の規制時間

午後6時30分~午後9時30分

 

16日の規制時間

午後6時30分~午後9時

 

また、期間中は伊豆箱根バスと、伊豆東海バスから、臨時バスが運行されますので、公共交通機関を利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

コンクールの結果は?

atamikogashimaturi-konkuru出典:ふじのくに文化資源データベース

毎年、各町内が趣向をこらした山車が「総合優勝」「キリン一番搾り賞」「装飾の部」「木彫の部」の4つの部で競い合う「こがし祭り山車コンクール」。今年は一体どの町が栄冠に輝くのでしょうか!?

参考までに昨年2015年とおととし2014年のコンクールの結果をご紹介します!

 

2015年のコンクール結果

・総合優勝は「下天神町」

・キリン一番搾り賞は「温泉通り町」

・装飾の部 優勝「温泉通り町」

・木彫りの部 優勝「下天神町」

 

2014年のコンクール結果

・総合優勝は「東銀座町」

・キリン一番搾り賞は「上宿町」

・装飾の部は「東銀座町」

・木彫の部は「下天神町」

 

2016年は一体どうなるのか?!「下天神町」が総合連覇を飾るか、また「温泉通り町」が昨年の雪辱を晴らすか!はたまた2014年の王者「東銀座町」が起死回生の優勝となるか!!??見どころ満載です。

 

熱海こがし祭りの神輿情報

atamikogashimaturi-mikoshi出典:ま、なんとかなるやろ

毎年、山車と並んで注目をあつめるのが、6団体から出る神輿で、町内を勇ましく練り歩きます。

また例大祭の方では、7月15日に來宮神社から宮神輿渡御が行われます。この神輿は、江戸時代の末期に作られた歴史ある神輿です。神様を乗せた宮神輿を町内の若衆が威勢よく担いで練り歩きます。

 

屋台の詳細は?

atamikogashimaturi-yatai出典:伊豆・熱海のマンション・不動産を扱う、ひまわり熱海店リゾート日記

熱海こがし祭りでは、7月15日と16日の2日間、約300mにわたり、数多くの屋台が出店します(30から40店)ので、そちらもぜひ楽しんでいってくださいね!

バナナチョコやチーズスティックなど様々な屋台が軒を連ね、こちらも毎年多くの人達が足を運びます。

山車コンクールが始まるまで、こちらで時間を潰すのも手ですよ!

 

熱海で宿泊するならココ!

こちらでは、熱海で宿泊する宿を、贅沢に、または安くの2パターンからご紹介します。

贅沢に宿泊するなら

熱海温泉「古屋旅館」

こちらは源泉100%の温泉と懐石料理が売りの老舗旅館です。しかも、あの黒澤監督の映画の舞台にもなったそうです。

料金:19,008円~(1人)

アクセス:JR熱海駅から徒歩15分

住所:静岡県熱海市東海岸町5-24

 

熱海温泉「法悦」

こちらは少々中心街からは離れますが、8室という静かな空間で、ゆったりとしたひとときを過ごすことが出来ます。室内は純和風で、三種類のお風呂を楽しむことが出来るのが売りです。

料金:14,040円~(1人)

アクセス:JR熱海駅下車、タクシーで5分

連絡先:0557-81-4475

住所:静岡県熱海市西山町10-9

 

お得に宿泊するなら

熱海ニューフジヤホテル

こちらは夕食になんと「飲み放題」がつくサービスあり!無線LANの完備やカラオケなど、値段の割には充実していますので、安心して宿泊することが出来ます。

料金:6,264円~(1人)

アクセス:JR熱海駅より徒歩15分

連絡先:0557-81-0111

住所:静岡県熱海市銀座町1-16

 

熱海温泉 ウオミサキホテル

こちらの売りはなんといっても、熱海港が目の前にあるという好ロケーションと、割安な料金です!料理は和洋中のバイキング形式で、ドリンクも飲み放題となっています。

料金:5,184円~(1人)

アクセス:JR熱海駅より徒歩40分

連絡先:0557-86-2211

住所:静岡県熱海市和田浜南町7-2

 

熱海の祭りは「熱海こがし祭り」

來宮神社の例大祭の一環で行われるこの「熱海こがし祭り」は熱海の祭りを代表するイベントです。おさらいですが、山車コンクールの日程は、下記のとおりです。

7月15日 午後6時30分~午後9時30分
7月16日 午後6時30分~午後9時

みなさんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

Pocket

 - 7月